LaLaDX 2006年7月号(2)

●今までやわらかい衣に包まれていた気持ちが、全部むき出しでぶつかり合う。斎藤けん「花の名前」はそんな展開。願いや望みのはかなさ。みんなのせつなげな苦しそうな表情が、そのはかなさに疲れているのに、それでも、どんなに苦しくても願うからこそそれは叶うのだという確信が、ラスト近く蝶子さんの、ある意味ぞっとするような表情に現れています。
●固く光る石の向こうにある本当の想いは、誰も見られない。紫臣「結晶王」は、呪いのせいで半身が結晶になった不死の王と、その孤独の城に足を踏み込んでしまった娘のお話。重苦しい呪いと孤独の雰囲気が、画面から伝わってきます。だからこそ、その果てにある、かすかな、かすかな喜びが輝いてみえるのです。
●でも、本当の重苦しさは、どこでもない世界じゃなくて、ぼくらのすぐ隣りに、いくらでも転がっている。橘裕「かな、かも。」は新作。ぼくらのすぐ隣りの、よくありそうな仲間はずれの構図と、たぶん、ほんのすこしだけ普通から外れたキャラクターが何人か。そこに騎士を配して少女マンガになるわけだけど、騎士が必要となる状況が、やはり、遠いどこかの世界よりも怖い。
●LMS受賞作から。宇留野あや「橙の燃える日」は、メガネ少年パターンのバリエーション。なんだけど、大胆にも、ある「失敗」に焦点をあてて、きれいに物語をシンメトリックなまでに切断した構成がかっこいい。モノローグが醸し出す雰囲気もいい感じ。大事なシーンで見せる逆光と、夕暮れの長い日差しにも、はかなげな空気を感じます。

|

LaLaDX 2006年7月号(1)

●作者にしてはラブ度高め、と見た、ささだあすか「星空☆ファクトリー」。主人公と、また隣りに戻ってきた幼なじみの男兄弟。主人公は両親の性格を受け継ぎ、ちょっと夢見がち。久しぶりに出会ったその兄に恋に落ちた主人公ですが、その想いの行方は? 両親の思い出のベンチとか、主人公の性格とか、少しふわふわっとした設定が、恋に落ちる高揚感を支えているように思います。思い出のベンチを中心に据えたことで、お話の根っこが出来たというか。ところで、この兄弟の弟がいいやつなんだけど、私の中では、最後まで無表情な兄が最終ページ大逆転で高得点でした。ごめん、弟。
●ふわふわっとしたお話なのに、妙に安心感があります。川瀬夏菜「飛べない魔女」は、密かに(私の)注目を集めていたメルと、メルに想いを寄せる男の子のお話。登場人物がみんなそれぞれ純粋で、そこが安心できるところかもしれません。それぞれお話もまあシンプルではあるんだけど、魔女のお店、という地に足のついた枠組みと、魔法のある世界、という何やら怪しげな大きな枠組みがうまく重なって、奥行きもあるところが魅力的です。
●一方ちっとも安心していらんないのが、連載開始の橘裕「かな、かも。」。どんな小さな世界でも、必ずどす黒いものは渦巻いているものだし、いい顔をしている奴が腹の底までいい奴とは限らない。ゆがんだ人間関係の間で主人公達は生き残れるのかどうか。個人的には、無表情な三上さんがヒット。ある意味わかりやすいし。
●初カラーだったんだ、ふじつか雪「金魚奏」。と驚くくらい、お話の進み方も、画面構成も、こなれてきました。敢えて言えばコマ数がまだ多いということになるかもしれませんが、大ゴマも効果的に置かれているし、私はこのくらい詰まっていた方が好みです(漫画家殺し)。主人公の強さ、真正面から向き合う姿勢が、テーマと響き合って、いい感じです。
●今回はダンサー特集だ江咲×山吹「ドゥビドゥビ365」。ダンサー単体も、まあいいんだけど、やはり、ダンサー×先輩のカップリングが最高でしょう。でも、単体では、今回出なかった塚田さんが好き。というような感想のお手紙を送ると、ドゥビドゥビ新聞なるものがもらえるらしいぞ。「おたよりください」欄を見逃すな!

|

その他のカテゴリー

LaLa | LaLaDX | Melody | 同人活動 | 新刊情報 | 花とゆめ